深絞り

板金深絞り技術の解析

1. 深絞り加工の力学的解析 深絞り加工の成形性は、円筒容器の成形(円筒スタンピング)の力学を解析することで理解できます。シリンダープレスの構成要素は、丸鋼板(ブランク)、パンチ、ダイス、しわ防止プレートです。円筒成形とは、素材を素材から円筒状の部品に変える加工方法です。円筒成形時のブランクの変形状態を図2に示します。円筒成形の際、ブランクフランジの外周材が周方向に圧縮され、圧縮変形が発生します。変形により、材料は加工硬化を受け、円周方向の圧縮応力が発生します。

記事を読む